RSS | ATOM | SEARCH
H30年度 職員バス研修

 

 

 

季節はずれの暑さになった、10月7日(日曜日)に職員といつもお世話になっているシルバーさんの

皆さんと鎌倉にバス研修に行ってきました。

当日は流鏑馬の行事も行われる予定とあって、沢山の方々も鎌倉を訪れていました。

 

 

 

鶴岡八幡宮は宇佐神宮(大分県宇佐市)、石清水八幡宮(京都府八幡市)等と共に

日本を代表する八幡宮の一つです。

頼朝は当宮を自ら造らせた参道の若宮大路とともに政権都市・鎌倉のまちづくりの中心としました。

また、幕府の重要な儀式もここで行われ、さらに流鏑馬や相撲も奉納されました。

 

 

 

 

建長時は、鎌倉幕府第五代執権・北条時頼が禅によって国の興隆を図るために

宋の高僧・蘭渓道隆を迎えて建立しました。

また、「天下禅林」人材を広く天下に求め育成する禅寺との意もあります。

素敵なお庭を見る事もできました。

 

寺社巡りの後は、流鏑馬を観たり小町通りを散策しました。

バス研修を通して職員同士で新しい事を発見したり、感動を共有し

より一層職員同士の絆が深まる研修となりました。

 

2018 10月23日記


Comment