RSS | ATOM | SEARCH
給食 4月

こんにちは、給食です。

 

春になり太陽の日差しが暖かく毎日過ごしやすくなりましたね。畑や園庭に沢山咲いていた桜が終わり、緑が生い茂っています。

給食室の窓際には、ジャスミンの花が咲いているので窓を開けるととっても良い香りがします。フェンスには、薔薇の花が咲き誇っているので給食を作りながら楽しく眺めています。

 

 

給食室の畑の野菜達もぐんぐん成長しています。今は、アスパラガスが旬で毎日10cm伸びるらしく収穫が大変です。

もうすぐスナップえんどうも収穫出来ます。収穫した野菜は、少しずつ給食で使用しています。

 

 

新年度が始まり、もうすぐ1ヶ月です。子ども達も新しい環境に慣れて、給食も落ち着いて食べられるようになって来ました。5月からは、少しずつ副菜や様々な種類の献立を出してみようと思います。

引き続きクラスの様子を見ながら進めていこうと思います。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

★お弁当について★

土曜日のお弁当にご協力いただきましてありがとうございます。

今年度からお弁当の基準が変わりました。近隣の市町村の基準に合わせる事になりましたのでどうぞご協力お願いいたします。

年間を通して加熱していない生もの、生野菜、果物(缶詰の物も含む)、練り物(かまぼこ、ちくわなど)、チーズはお弁当に入れることを禁止しております。

※これからの季節は、気温が高くなりますのでお弁当を作る際に冷めてからふたをしていただき、保冷剤を必ず入れていただくようお願いいたします。

※お弁当箱やお弁当入れ、カトラリーセットにはお名前の記入もお願いいたします。

 

子ども達が食べやすいお弁当作りのポイント!!

^豸サイズで取りやすいもの

フォークやスプーンですくいそのまま口に入れて食べられる大きさにカットしてあるととても食べやすいです。

⊃べやすもの

お子さんの月齢によっては、まだ噛み切りにくい食材もあります。

スパゲティなどの麺類は切ってあるか、クルクルと小さく巻いてありフォークですくえる長さになっていると食べやすいです。

食べきれる量(おにぎり又はサンドイッチ+おかず2〜3品)

お弁当箱にそのままご飯を詰めてしまうと、昼食時に取り出しにくくなってしまいます。

おにぎりはお子さんの口の大きさに合わせたサイズが目安です。

形は、たわら型や一口大の小さな丸型、三角型にしてお弁当箱のスペースにゆとりをもって詰めていただけると子ども達もつまんで食べやすいようです。

 

 

皆さん、とっても食べやすいように作ってくださり、お子さんも上手に食べられているようです。

午後は、ジャムサンドとバナナなどボリュームのあるおやつなのでお子さんが丁度よく食べきれる量が良いと思います。

 

給食室からのお知らせでした。

H30.4.27記

 

 

 

 

 


Comment